自動車学校と教習所の違いとは

自動車の免許をとる為には各都道府県の設置をされている運転免許試験場で試験を受けてそれに合格しなければなりません。
ご自身で勉強をして、直接運転免許試験場で試験を受けるという事は可能なのですが、運転免許というのは学科だけではなく、運転技術も必須条件となっていますので、ほとんどの方は運転免許を取得しようと考えた時には、運転技術や道路交通法、または自動車の基礎知識を教えてくれる自動車学校または教習所に通う事になります。

○○自動車学校、△△教習所などそれらを教えくれる場所には名称がついていますが、この「自動車学校」と「教習所」という名称の違いには意味があるのかといえば、
「自動車学校」と「教習所」または「ドライビングスクール」などそれらには実は違いというのはまったくないのです。

どのような名前をつけるか、それは経営者の考え一つということになります。

ただ「自動車学校」と「教習所」には違いがありませんが、それらが「公認校(指定校)」であるか、それとも「非公認校(指定外校)」であるかによっての違いはでてきます。
「自動車学校」や「教習所」「ドライビングスクール」などが『指定校』と認められる為の基準というのはかなり高いものがあり、運転技能、そして学科指導において
きめ細かなカリキュラムが定められていますし、そこで生徒を指導する指導員は「教習指導員」としての資格を有していなければなりません。

ではこの「指定校」に通うメリットというのは何かといいますと、運転免許を取得するために運転免許試験場で行われる試験のうちのひとつである「技能試験」が免除となるのです。
これは「指定校」ではその細かなカリキュラムにより、一定以上の運転技術を得とくすることができなければ、その学校の卒業認定を受けられないという事と関係があります。
いくら学科を会得する事ができても、肝心の運転技術が未熟な段階では、運転試験を受ける事ができない体制になっているのです。

とは言え「非公認校」にもそれなりのメリットというものがあります。
それはカリキュラムが細かく定められていない為に、自分の苦手とする項目を何度でも繰り返し練習をする事が出来るという事です。
その為に場合によっては『指定校』よりも短期間で運転免許を取得する事も可能なのです。

そして現在よく耳にするのが「合宿免許」です。
これはその名前の通り、各自動車学校や教習所が指定する場所に滞在をして運転免許を取得というものですが、「指定校」でも「非公認校」でもこうした取り組みを行っていますので、
より短期間で運転免許を取得したいと考えている人には利用してみるのもよいでしょう。