免許を取得すめための教習内容

運転免許を取得するためには法令で定められた教習を受講しなれければなりません。
これは通学の場合でも合宿免許も場合でも、もちろん同じ内容、同じ学科教習数、技能教習数となっています。

まず入学手続きを行うと、適性検査が行われます。内容的には決して難しくありませんが、この時に視力検査や聴力検査なども同時に行われます。

そして先行学科として1時限の学科教習を受けます。これは運転者の心得などを学習するもので、こちらも決して難しいものではありません。

そしてこのふたつを済ませると、いよいよ本格的な第一段階の教習が始まります。
この第一段階の教習では「仮免許取得」を目標としており、学科教習が9時限、校内での技能講習がAT車限定免許の場合は12時限、MT車の場合は15時限
という最低ラインが定められています。もちろんこれはその都度、教官より合格をもらわなければなりませんので、技能がおいついていない人などは、
最低ラインを越えて教習を受けなければなりません。

これらの教習を無事に終えた後に仮免試験を受験します。
この仮免試験に合格をすると、初めて技能の教習で、公道を走行する事ができるのです。

この第二段階では学科教習を16時限、技能教習をAM車MT車ともに19時限という最低ラインが定められています。
この第二段階での技能教習は仮免許を取得していますので、公道を走行する事ができますので、歩行者、対向車などに対してより注意をはらわなければなりませんので、
教官のチェック、合否も厳しくなります。

こうした教習をすべて受講した後で、技能の卒業検定が行われ、これに合格する事で卒業証明書が交付され、これで各都道府県に設置されている運転免許試験場で運転免許の
試験を受ける事ができるのです。

通学の場合では、一日に受ける教習は、ひとつか多くてふたつ位になってしまいますし、毎日教習所に行く事ができるとも限りませんので、免許取得までに1ヵ月2ヵ月という月単位の日数が必要となってしまいますが、合宿免許ではこれらの教習内容を効率よく受ける事ができるように日程が組まれていますので、通学に比べてより短期間で卒業検定に望むことが
できるようになっているのです。