免許の取得にかかる料金

自動車免許を取得するために教習所などに通う場合に係る費用は幾ら位になるのか、これは一概に幾らという事はできませんが、平均をして30万~35万円程度となっています。

一昔前までは「年齢と同じだけの金額がかかる」と言われていましたので、今の40代50代という年代の方々は20前後で自動車免許を取得していた場合には
20万程度の料金が教習所で必要な金額だったと思われますので、それに比べると値上がりしているという事になりますが、これはやはり物価の上昇や少子化、自動車離れなどの社会背景が関係をしているのでしょう。

そしてこの30万~35万円というのはあくまで「平均」料金ですので、もっと安く料金を設定している教習所もあるでしょうし、なかなか運転技術が向上しない場合には、
その過程において「合格」のハンコを教官からもらう事ができませんので、「ハンコ」をもらえるまで幾度も実技を行わなければなりませんし、
学科試験に合格できないという方は卒業までにかかる期間が長くなりまのすで、平均料金よりも割高になっていく事は仕方がありません。

この料金は教習所に通学した場合の料金の目安となっています。
では、合宿免許の料金はどうかといいますと、こちらの方の料金の幅は更に広くなっており、20万程度から30万以上という料金になっています。

料金だけを見てみると、通学の料金よりも安くなっているように感じられますが、これははやり合宿というその地に宿泊をして集中的に授業を受ける事で、
通学コースでは通常1ヵ月から2ヵ月程度かかる日数を短期間で取得をするように設定されている事が、その料金を抑える事が出来ている事、そして新社会人などが
就職などに向けて免許を取得する人が多くなる時期や夏休み期間などのハイシーズンは合宿免許と言ってもやはり30万円超えと料金は高くなってしまいますが、
それ以外のシーズンでは20万円~25万円程度と価格設定が比較的安くなっている場合が多いのです。