運転免許の取得も観光も楽しめた合宿免許

どうしても早く運転免許を取得したかったので、大学1年の夏休みに合宿免許で運転免許証を取得しました。
やはり短期間で取得できることと、友人と一緒に校内宿舎に寝泊まりすることでちょっとした旅行気分を味わいたかったことなどが理由となります。
どうせならちょっと遠くがいいな、ということで関東から九州まで飛びました。
長崎県で取得したのですが、免許の取得以上に平和祈念像や大浦天主堂、当時のオランダ村で今のハウステンボスなどの観光にも力が入っていたような気がします。
私は当時圧倒的に多かったマニュアル車の普通免許の取得でした。
時間もたっぷりあることだしマイペースでやっていこうと思ったのですが、合宿免許で習っている生徒達はさっさと卒業してもらいたいという思惑でもあったのか、意外と教官の方々が厳しくそれでいて丁寧に教えて頂きました。
そのため、予定よりも一日早く卒業することができました。
宿泊した部屋も思っていたよりきれいな部屋でしたし、何より食事が3食きちんと出るのが嬉しかったですね。
海が近いせいもあったのか、合宿所で出される食事にしてはおいしかったと思います。
私が宿泊した部屋は2人部屋だったのですが、地元の人で合宿免許に参加していた人は割と一人で来ている方が多かったように思います。
仲良くなった地元の方のお部屋を見せてもらったことがあるのですが、6畳1間のシングルルームにテレビも付いて快適そうな部屋でした。
もちろん運転技術を短期間で習得することは大変だったし、学科の勉強も友人が一緒だと集中が切れてしまうこともありましたが、夏休みのビッグイベントとしては非常に有意義のある期間を過ごせたと思っています。